« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月18日 (木)

1階型枠

”to SKY”ですが、工事が行われている間は、工事監理という仕事が私には、あります。これは、設計図の仕様などの通りに現場にて作業が行われているかを確認することです。立ち会い検査などをします。また、変更事項についての検討や設計もします。いわゆる建築設計事務所に依頼して創る住宅になりますと週1回の定例打ち合わせがあり、そこで担当者が工程調整や施工図(実際の工事のために設計図を元に工事業者が書く図面)のチェック及び検討などが行われます。この現場は、毎週火曜日が定例打ち合わせになっています。今後出来るだけ毎週の進捗状況をお伝えしていきたいと思います。一日遅れてしまいましたが、今週は、1階のコンクリート型枠を組んでいます。Cimg0847

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

豊橋市(愛知県)の建築物

今日は、豊橋市に仕事で行った際に建築物の写真を撮ってきましたので紹介します。豊橋市役所近辺にある少し古い建築物2箇所です。まずはじめは、”豊橋ハリストス正教会”です。Cimg0849 この時期(明治大正時代)の教会建築にしては、華美な装飾が少なく今なお綺麗な状態を保っています。プロポーションもすばらしいですよね。私自身がこの時代の西洋風建築物が非常に好きです。次に”豊橋市公会堂です。Cimg0855 これも迫力すら感じられる建物です。内部もスタンダートに良くできた建物でした。こちらは、細部に関しては少し疑問が残る部分はありますが・・・・・両建物共に豊橋市役所の目の前にありますので、すぐにわかると思います。近くには、公園もありますので、散歩にもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

コンクリート

私は、数ある建築材料の中でコンクリートというものが非常に好きです。造形の自由度や素材感・遮音性などは、その好きな理由の代表ですが、一番は、素地が美しいことです。私自身は、着色したり何か他の物を付けたりすることが好きでなく(シャープでなくなることとと何時か朽ちていくものを創りたくないからです。素材の表面が劣化してもそれがひとつの味のある表情となっていく材料好きなんです。)材料の素地が美しい物を好んで使用します。コンクリート・石・ガラス・木・・・・・これらは、素地が美しいものです。現在設計を終え、2物件が工事中です。ひとつは前にここでも書きましたが、”浜松市舞阪高齢者福祉施設”です。公共工事は、なかなか思うような設計はさせてもらえずに苦しみましたが、なんとか工事にこぎ着けています。こちらは、竣工が今年3月の予定です。もうひとつが”to SKY”と名付けられた専用住宅です。こちらは、設計段階で多くの時間が掛かりましたが、竣工は、今年4月の予定です。この”to  SKY”は、浜松市雄踏町の既存住宅団地の最南端位置し、南側が8メートルくらいの段差があり道路となっている敷地です。南が海まで見えてしまうのではないかというような好条件です。現在30代夫婦と2歳のご長男の家族構成である(はじめてお会いした時には、奥様は妊娠中でした)このご家族とは、土地探しからのお付き合いです。幾つかの条件の中からこの土地が出たときには、私自身が惚れてしまった土地でした。この土地に立ったときに”すーっと”空に上っていくような浮遊感を感じました。そしてこの命名となりました。当初案からは、予算の関係でいろいろな仕掛けを削っていきましたが、それでも”to  SKY”のコンセプトは、そのままに続行中です。只今1階の壁配筋が終了したところです。Cimg0843 現場写真を添付しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、ご愛顧賜りましてありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い致します。今年は、当事務所の設立5周年にあたります。新しい事も初めてみたいと思っております。皆さんに参加頂けるような企画も考えておりますので、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »