« 2009年11月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

「○」の音響について

先日音響測定で登場していただいた(有)YAB建築・音響設計の藪下さんが
ブログに「○と□」の件を記載してくれましたので、紹介します。
ブログは↓こちら
http://yab-onkyo.blogspot.com/
HPは↓こちら
http://www.yab-onkyo.co.jp/index.html
音響技術にとっても新しい試みで挑戦なんですね。
建築にとっても挑戦でした。今日も現場に行って
しみじみ現場監督の(株)川島組 山田さんと「本当に出来たね」って
話してました。
こんなように私が考えたことに共感してそれぞれの分野で挑戦してくれる人達が
いることが幸せです。皆さんに感謝。
P1040739
「○」の中の落書き・・・いえいえ意味があるんですよ・・・さて何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍛冶

P1040784 (工房HAL入り口 奥が工房)
「○と□」のお施主さんご家族と森町にある鉄作家松村さんの工房HALに
お邪魔しました。HPはこちら→http://www.werkhal.jp/
本来は、鉄のオブジェを創作する作家さんですが、
数年前に私が設計した「ワインバー ル・ヴァン」以来、建物の玄関取手などを
製作していただいています。
今回も「□」玄関のドア取手と音楽室「○」の出入り口取手の製作をお願いしました。
そこでお施主さん達にもその製作に携わっていただこうということで
ご家族で「鍛冶」をしてもらいました。
P1040750
コークス炭で鉄を熱し、たたいたり曲げたりしていきます。
P1040756
結構腕がパンパンに・・・・子供さんもがんばってトンテンカンとやってました。
こんな体験が家族の話題になるといいですね。
設計から建設~竣工まで自分達の家を創ることをこんな風に楽しんでもらってます。
そうすると住んでからもっと楽しめるようになります。
こんなことも設計・監理を請け負っている建築家の大切な仕事です。

松村さんの作品は、個人的に大好きです。
非常に緊張感のあるオブジェです。
弊事務所にも作品が展示されています。
(是非ご覧くださいね)
松村さんの工房の風景をいくつか
P1040777 P1040776_2 P1040781

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

今日の丸

P1040738
丸の周辺工事が進んできました。
これにより球体がより引き立ち、存在感を強め、さらに室内におもしろい現象を
生み出します。
球体なだけじゃなく、その周辺にも仕掛けがあります・・・お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

落ち葉

005 事務所は、浜松城公園に面しています。緑豊かで四季が楽しめますが、
落ち葉の季節だけは・・・・・・掃除がたいへん。
毎朝、掃除をしても夕方には、こんなことに・・・・・
でもこの場所、この通りがとても気に入っています。
私が浜松で一番好きな通りです。
どなたか、隣でカフェでもはじめませんか?
その昔は、動物園正門前のお土産物長屋だったので、レトロでいい感じですよ。
なんと建物は、戦後すぐの建物なのです。
浜松城公園周辺には、コンビニやカフェなどの施設がほとんどありません。
少しそういったお店があるともっと居心地の良い公園になるんでしょうがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

音響測定

0941 ○(丸)の音響測定を行いました。
多面体スピーカーから音を出して、マイクで音を拾い、残響時間を測定するというものです。
結果は、当初懸念されたフラッターエコーは、エコー間隔が短いためにあまり問題とはなりにくいが、ブーミングは、生じている。とのことです。

壁際で声を出すと、中心点を通る反対側の位置でその声が耳元でよく聞こえるが、
これはささやきの回廊という現象で、球形の壁に反射した音が次々反射して、
反対側に伝搬して聞こえるものである。
ささやきの回廊として有名なところは、ロンドンのセントポール寺院のドームの根元の回廊が有名である。

その後、藪下さんが自前のサックスで音を出すと、なんといい響きで聞こえます。
0991
本日は、さながら実験室と化した「○」(丸)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○ 出現!

0071 本日朝、とうとう「○」出現しました!
内側の型枠だけのときは「サボテン」といわれたり、何となく形になってきたら「宇宙船」といわれたり・・・・・ただ「何だか変わったものを創ってる」ということは、皆さんに早くからわかっていたらしいです。0081 いろんな人から(想像しなかったところからも)「何が出来るんですか?話題になってますよ。」といわれ続けましたが、これなんです。
音楽室付きの専用住宅です。想像の通りにこの「○」が音楽室です。
当然内部も球体です。ですがここからが難儀なところです。
球体は、音環境に取っては難しいのです。
簡単に考えても球体の中心で発生した音は、また中心に帰ってくるからです。
そこで設計段階から建築音響の専門家に依頼して、検討を重ねています。
球体は、断熱、遮音をしながら音環境をできるだけ最適化に近づけなくてはいけません。
0091
本日は、前述の建築音響の専門家(有)YAB建築・音響設計 藪下さんが横浜から現場に来て、現在の音響状況を測定します。
それを元に内部仕上げの最終決定をします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

□ 出現!

昨年から設計を開始し、今年7月から工事をしている「○と□」の□が出現!
P1040734 「○と□」は、お施主さんの付けた名前で
この建物が2つの□と1つの○を渡り廊下で繋げた建物になっているからです。
12月末の完成に向け、□の足場が外れました。
右に見えるのが○で、これが話題騒然!
型枠を作り出してから、あちらこちらでいろいろな人たちの間でいろんな噂がたくさん。
もう少しで足場が外れます。お楽しみに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

HP更新しましたよ!

ブログ同様、なかなか更新できないでいたホームページを更新しました。
WORKに最近の主な作品を追加しています。
どうぞご覧ください。
http://www.studio-creativo.com
工事が始まってから各所にて話題になっている物件は、しばらくしたらブログで紹介します。
お楽しみに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

今年も

P1040730 毎年ブログにアップする 浜松城公園の私が大好きな道の風景
紅葉し始め、雨で綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

しむらの色

事務所のすぐ近く(徒歩1分)にある浜松市美術館にて 志村ふくみ・洋子 染と織の世界 の展示が行われています。Img060_2
重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)である志村ふくみさんの色彩豊かで美しい作品は、日本独特の感性と美を再認識させられます。
自然が生み出す柔らかく繊細な色は、私達の身体の奥にすっと入り込んでくる感じがします。Img062
必見!ですが、なんと今週末までの開催です。紅葉が美しくなった浜松城公園を散歩しながら(公園内の染色に使用する木を自分で巡るパンフレットがあります)是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

一年

一年経つのは、早いものです。先日お客さんとこんな話をしたな~と思ったらブログ休憩して一年経ってました。やぁ~早いものです。このままだと10年くらい経っちゃいそうです・・・
復活しましょう。

一年という単位は、何故か私には縁が多いものです。建築って時間が掛かるものです。
戸建て住宅の設計期間は、平均一年くらいです。(初めてお会いしてから完成するまでに二年くらいです。)
少し大きなプロジェクトですと始めてから数年掛かって完成なんてこともたくさんあります。
ですから「一年」という単位をも元に考えることが非常に多いんです。

いつから一年って短く感じるようになったのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年12月 »