« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月29日 (水)

一年間ありがとうございました。

2010年、ありがとうございました。今年も実り多き年となりましたことを感謝いたします。
来年もご指導・ご鞭撻及びご愛顧を宜しくお願い致します。

本日は、サッカー天皇杯準決勝でした。ここまで悔しい思いと今シーズンでチームを去る人が多く、何か鬼気迫るものを感じる清水エスパルスですが、勝ちました!
久しぶりにシーズン当初の楽しく強いサッカーを魅せてくれました。
これで私も2011年1月1日は、国立競技場で迎えることになりました。いざ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

送辞

「引き渡し」・・・何度経験しても少し寂しい気分にさせます。
子供を送り出すような気持ちというのが一番わかりやすいのでしょうか。
本日は、「○と□」の引き渡し。設計1年、施工監理半年の期間を費やした「子供」を送り出してきました。
人に恵まれた「子供」でした。建築に対する理解と楽しむことに長けた施主と技術力と情熱に溢れた設計協力者と施工者に囲まれ、すべてが彼を生み出すことに一生懸命になれたプロジェクトでした。
生まれたことが総てでなく、これからこの家族の中で大切に育っていくことでしょう。

本日の記念に設計及び施工に携わった総ての人からお施主さんにプレゼントをいたしました。P1050017
鉄で製作した「○と□のオブジェ」です。製作は、取っ手などを製作していただいた工房HALの松村さんにお願いしました。ダイニングから見る庭に設置しました。

設計を楽しんで、施工を楽しんで、いよいよこれからは「○と□」での生活を楽しんでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

動く建築

建物(建築)は、基本的には動かないものですよね。動かない建築に動く部分を創ると面白い表情を見せます。簡単でわかりやすいものは、樹木ですかね。風で揺れたりすると動きが出来ます。そういった意味では、そこに居る人間もそうです。
今回の「○と□」では、その他に「水」を使っています。○の廻りが水庭になっています。
P1040931
水面が揺れ、光がきらめき揺れる。風によりさざ波が起こり、水流により水が動く。水は、私が大好きな材料です。
今回は特に○(音楽室)の中に水面のきらめく光を差し入れたいと考えていました。
P1040934
この下窓から音楽室の中に揺らめく光が差し入れられる予定です。
時間帯や季節によっても差し入れ方が変わってくるでしょう。
こんなこともオープンハウスで皆さんに体感していただきたいことです。
「水」という要素ひとつでどんなに建築が豊かになるのか・・・・
限定見学会は、まだ受付中ですので、お申し込みください。
場所は、どこですか?という問い合わせがあります。
浜松市中区広沢です。
是非体感いただければと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

紅葉

寒いですね。今年一番?・・・いつもそんなフレーズを聞く気がします。
浜松城公園内日本庭園は、まだ紅葉が見頃です。
003
緑の葉が一部紅葉している様見られます。

本日、「○と□」にも先日セレクトされたモミジが植えられました。

先日お知らせした特別見学会を今一度お知らせ致します。

条件
12月20日(月)から12月27日(月)の期間で私の都合がつく時間であって、大人数でなく(3~4人程度)、マナーを守れる方でしたら特別見学を受け付けます
申し込み方法:弊事務所のHPhttp://www.studio-creativo.comのトップページからロゴをクリック頂き、左側コンテンツの「CONTACT」をクリック頂き、必要事項(代表者氏名、連絡先、希望日時、人数及び構成(例:大人2人+小学生1人・・など)等)を明記頂き送信ください。
又はメールで上記内容を明記いただき送信ください。
メールは、studio_creativo@nifty.comです。
申し込みを頂いただけでは、見学が確定したわけではありません。申し込みを頂いた場合、こちらから見学の可否を含めご連絡をいたします。
時間の都合等でお断りする場合がありますので、ご了承ください。
また希望日時直前のお申し込みは、お受けできませんので遅くとも2日前には、お申し込みください。
申し込みをされずに直接現場へ見学にいくことは、おやめください。

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

スティーブ・ジョブズ

アップルコンピューターのCEO スティーブ・ジョブズは、私の好きな人物です。言わずとも皆さんの注目を集める存在ですが、何がいいって「プレゼン」ですよね。茶封筒からMacBookAirが出すのを見たら買っちゃったのは、私です・・・・人を惹きつけて説得力があるプレゼンは、憧れです。そんなジョブズのプレゼン手法の解説本を今読んでいます。
P1040897
ためになります。
基本がアナログ人間なのであまり役に立たないけれどスティーブ・ジョブズ効果で購入したiPhone4ですが、昨日「べんり~」って心底思えました。皆さん当たり前でしょうから何ですが、Googleのカレンダーと同期設定をしたんです。アナログスケジュール帳がいらなくなりそうです。

P1040891 
「○と□」は、竣工に向けて突き進んでいます。「○」の内部もパーライトモルタル塗りが終わりました。このプロジェクトの私の発想点「大聖堂」のように上から降ってくる音が感じられます。しかしまだまだ音響対策は、続きます。
壁を近くでみるとこんな感じです。
P1040889
特別見学会は、いろいろな皆様に申し込みを頂いております。ありがとうございます。
引き続きお申し込みを受け付けていますので、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

お知らせ

いつも弊事務所では、設計・監理物件の竣工時に「オープンハウス」として皆さんに完成作品をご覧頂く機会をつくっています。これは、写真でなく実際にその空間に身を置いていただき「建築を感じていただく」ために行っているものです。
P1040743
このブログで進捗状況をお伝えしている「○と□」ですが、年内ギリギリの竣工となり、時間的な都合により恒例の「オープンハウス」は、開催しないこととなりましたのでお知らせ致します。工事着手頃より「竣工したら是非見せて欲しい」などと楽しみにされていた皆様、オープンハウスには毎回足をお運びいただいて、楽しみに待っていただいていた皆様には、残念なお知らせとなってしまい、誠に申し訳ありません。

但し!
現場は、12月20日までにはほぼ作業を終えている状況になっています。そこで私が一緒に現場に行って案内しながらお見せすることは、可能です。
条件12月20日(月)から12月27日(月)の期間で私の都合がつく時間であって、大人数でなく(3~4人程度)、マナーを守れる方でしたら特別見学を受け付けます
申し込み方法:弊事務所のHPhttp://www.studio-creativo.comのトップページからロゴをクリック頂き、左側コンテンツの「CONTACT」をクリック頂き、必要事項(代表者氏名、連絡先、希望日時、人数及び構成(例:大人2人+小学生1人・・など)等)を明記頂き送信ください。
又はメールで上記内容を明記いただき送信ください。
メールは、studio_creativo@nifty.comです。
申し込みを頂いただけでは、見学が確定したわけではありません。申し込みを頂いた場合、こちらから見学の可否を含めご連絡をいたします。
時間の都合等でお断りする場合がありますので、ご了承ください。
また希望日時直前のお申し込みは、お受けできませんので遅くとも2日前には、お申し込みください。
申し込みをされずに直接現場へ見学にいくことは、おやめください。

          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

モミジ

昨日は、木曜日で「○と□」の定例打合せの日です。
定例打合せとは、週1回ないし隔週1回の割合で工事関係者(各業種の監督さん達)が集まって、工程の打合せや施工図の検討、現場の確認などを行うものです。事務所のスタイルとして出来るだけお施主さんに参加していただき、建物を創っていくライブ感を味わって頂きながら、決定しなければいけないことをスムーズに決定していくようにしています。
また工事関係者にとってもお施主さんの顔が見えることになり、仕事への励みになるのではないかと思っています。
昨日は、定例の後、お施主さんご一家と建築工事担当の川島組さん達と共に都田まで「モミジ」をセレクトに行きました。そんな中セレクトされたモミジがこれです。
P1040885

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

ロゴデザイン

P1040881
ロゴって重要ですよね。
できればロゴを見ただけで何の会社でどんな感じの会社なんだろうな・・・ってところまで連想することができるといいですよね。
いかにそこにすべてを凝縮して表現できるのか・・・
時々いただくロゴデザインの仕事のときには、建築とまた違ったおもしろさがあります。
弊事務所のロゴは、皆さん一度見ると忘れないようです。
事務所の名前は、皆さん間違わずには言えません(笑)

写真は、事務所のヘルメット、携帯タンブラー、iPhone です。
いろいろなかたちに変換可能なロゴで楽しんでます。


向こうに見えるのは「○と□」模型

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

2010Jリーグ最終戦

今日は、2010Jリーグ最終戦です。
毎年このころになると移籍や解雇の話があちらこちらで聞こえてきて、寂しい思いをします。
そして一期一会を強く意識します。
このメンバーで試合が出来るのも後、数試合・・・こんなことを選手や監督が良くコメントしています。
プロサッカーの世界では、全く同じメンバーで次のシーズンも戦うということはまずありえません。
自分自身の仕事でも同じことだなといつも考えます。
ひとつの現場のために集結したそのメンバーは、同じメンバーで次の現場を行うことはまずありません。
そのメンバー(職人さんを含め)のためにも心に残る建築を創りたいものです。
STUDIO CREATIVOと大野 靖は、ずっと清水エスパルスを応援しています。
清水エスパルスは、長谷川監督、伊東選手、市川選手、西部選手などが今シーズン限りでチームを去ります。
今日のリーグ最終戦、天皇杯といい試合を、心に残る試合をして欲しいものです。
そして「勝ちロコ」をみんなで・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

型枠

「○」の型枠ってどのようにやったの?って聞かれます。
内型だけの時は、こんな感じ

これを見た皆さんからは、「サボテン」と言われてました。
中から見るとこんな感じ

今となっては、お宝画像? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

星?虫?何?

P1040855
「○」内部の本日の様子です。直径5.5mの球体の中に8人くらい人がいて、凄い人口密度でした。
コンクリート打放しだった内部に変化が・・・・大小いろいろな板状のものが貼られ、シルバーの小さなピンがたくさん。
「○」の音響特性と空間環境を整えるために内装工事がまっただ中!
設計段階から本当にいろいろな事を考えて、ここに至りました。
クライアントと子供と環境について話をしました。
本物で美しい空間を体験するまたは、その中で育っていくことは重要な教育要素だと思います。
そんな意味でも「建築ができること」を真摯に表現していくことが我々の責任です。
以前設計した「湖西市立知波田幼稚園 遊戯室」もいつもそんなことを考えていました。
HPでご覧ください。↓
http://www.studio-creativo.com
クライアントの奥様は、ピアノの先生です。
こちら↓に「○と□」について多くの記事を書いてくれています。
http://iretomomaya0704.hamazo.tv/
合わせてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

思いはひとつ

建築という仕事をしていると大勢でひとつのものを創り上げていくことに大きな喜びを覚えます。建築家は、自分の中だけで昇華させて、設計をし、監理をしていると見えるかも知れませんが実際には全く正反対です。自分の頭の中や3Dソフトで出来たものは、仮想建築なだけで、それを建築だと思ってしまうと大きな間違いです。設計が出来てもそれが実際の建築物とならなければ意味は無いのです。そして時には、実際の建築物とするまでに多大な心労や労力を費やす時もあります。しかし、クライアントの思いを実現するために日夜、労をおしみません。その思いを設計図や言葉を通して、工事を担当する皆さんに伝えます。それが上手く伝わると「思いはひとつ」なんです。するとなんと心地よい現場でしょう!「○と□」の建築工事を請け負っている(株)川島組さんのブログ↓です。
http://kawashimagumisales.blog88.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入り

P1040820
これ、最近のお気に入りです。なかなか気に入るペンケース類が無く、いろいろ探していましたが、たまたまネットで見つけて購入。使い勝手良し(机の上に広げておくと欲しいぺんがすぐ取れるし、多少大きくても小さくても中に収納できる)見た目よし(革の質感も○だし、留める部分が革紐というのもいい)です。くるくるっとするとこんな感じになります。
P1040821
左のノートは、モレスキン(MOLESKINE)というイタリア製です。ピカソなどが愛用したことで有名ですよね。これも実に使いやすく、書き味がいいのが気に入っています。手元に置いておいてちょっとしたアイディアなどを思いついたときに書いておくのにちょうどいいです。
ちなみにちょっとだけ中をお見せしますと「○と□」のアイディアを思いついたときの忘れないように綴ったページです。
P1040822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »