« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月24日 (月)

三遠南信サミット2011in遠州

本日は、「第19回三遠南信サミット2011in遠州」に参加してきました。
「三遠南信って何?という方の為に・・・東三河(愛知) 遠州(静岡) 南信州(長野)の3地域が県の枠を越え地域連携をし、活発に活動しようという動きが以前からあり、その地域の名称として3地域の文字を入れこのように呼んでいる」
001
まずは、全体会をアクトシティ中ホールにて13時から開催。
基調講演は、芝浦工業大学大学院教授の谷口博昭氏による
「三遠南信の新ステージに向け」というテーマにて行われました。
その後4つの分科会に分かれます。
私は、「山・住」合同分科会に参加。
活発な意見交換が行われました。
その後中ホールに戻り、報告会。
ここでサミット宣言が行われました。
002

今回のサミット参加は、浜松商工会議所青年部において
今年度は、副会長を拝命しており、担当が政策委員会であり、
政策委員会の政策提言書のテーマが正に「三遠南信」であると
いうことで参加させていただきました。
こんなことに参加させて頂くきっかけを与えられるのも
商工会議所青年部のよいところです。
しかし長く濃密な半日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

空気のホトトギス

浜松市役所の1階吹き抜けに 空気の鳥 が登場!
001
これは、10月22日から浜松市美術館で開催される「鈴木康広展」の一環で
「偶然のホトトギス」として「ホトトギス」をキーワードに浜松の句を募集しているものです。
もちろん着想は、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」
002
ここ(市役所吹き抜け部分1階)で応募できます。

鈴木康広氏は、先日からの「ファスナーの船」(浜名湖で乗船できます)で
話題になりましたよね。

今回は、脳科学者の茂木健一郎氏との対談があったり、
多くのワークシップがあったりと楽しそうです。

浜松市美術館のHPは、こちらです。チェックしてみてくださいね。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/

美術館のある浜松城公園の木々が先日の台風でかなりダメージがあります。
004
桜の木がこんな風に倒れていました。
すでに伐採されている木も多くありました。
残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

壺中の天

「○と□」以来の建築新作です。

今度のタイトルは、「壺中の天」!

「こちゅうのてん」と読みます。「後漢書」方術伝の故事からとったタイトルですが、
その故事とは

後漢の費長房が、市中に薬を売る老人が売り終わると壺の中に入るのを見て一緒に入れてもらったところ、りっぱな建物があり、美酒・佳肴(かこう)が並んでいたので、ともに飲んで出てきたというお話しです。
ここから、俗世間を離れた別世界という意味があります。
Img_0649a
外に対して閉じ、内に対して開く。
内なる外と外なる内を自在に組み込み別天地を創造する。

竣工は、11月はじめごろの予定です。
今回は、完成見学会を催すことができそうです。
11月中旬に開催予定です。
ブログ・HP等でお知らせ致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

Steve Jobs

スティーブ ジョブズ氏がお亡くなりになりました。
すぐにこのブログでメッセージを書き綴りたかったのですが、
「脳しんとう」状態でまとまりがつくことなく本日になってしまいました。

いろいろな方々と話をするとスティーブ ジョブズという方は
簡単に表現ができる人ではないのだなと思いました。
その人その人によって
見ているところや感じているところが大きく違うんです。
ある人は、偉大な「経営者」と言い、
ある人は、偉大な「スピーカー」と言い、
またある人は、偉大な「発明家」と言い・・・・・・・・・・
すべてそうなんですが、人によって違うというのは、おもしろいことです。
それだけ多才で天才なのでしょう。

では、私にとっては・・・・・偉大な「先駆者」でした。
それは、
デザインと技術の融合
すべてにおいて極限までのシンプルスタイル
夢や思いの持続と追求
もちろん人を説得できるスピーカーに成りたいとも思いますし、
出来ることであれば立派に経営だってしてみたい・・・・・・・・・
そして自分の専門的な分野である建築において世の中を少しでも良い方向に
変えたいと思い描きます。
スティーブ ジョブズ氏は、そんなことをすべてしてしまった偉大な「先駆者」でした。
彼が次に何を・・10年後に何を・・・が見ることができないのは、非常に残念です。

レオナルド・ダ・ビンチが亡くなった時というのは、こんな感じだったのでしょうか。

2005年スタンフォード大学卒業式での伝説のスピーチを
サゴーエンタプライズ株式会社の小野社長が翻訳してわかりやすく
動画と連動して紹介してくれているブログがありますので紹介しておきます。
http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html
何度でも心に刺さるスピーチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

報告

GOOD DESIGN AWARD 2011 では、住宅部門で「○と□」と
公共建築部門で「湖西市立知波田幼稚園」の2作品が最終選考まで
ノミネートされておりましたが、残念ながら2作品共受賞することはできませんでした。
多くの皆様に応援頂きましたが、私の力が及ばずこのような結果に終わってしまいましたこと申し訳ありませんでした。
今回のAWARDを通しまして多くの経験をさせて頂きましたので今後の活動に生かしていきたいと思います。
これに懲りず今後ともご指導・ご鞭撻・ご声援をどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »