2007年11月20日 (火)

完成見学会のお知らせ

暫く忙しくご無沙汰していました。また突然ですが、完成見学会のお知らせです。
2004年に弊事務所が設計・監理・プロデュースをしました”ワインバー ル・ヴァン”が3周年を迎え、更なるサービス向上のために会員制特別室を開設します。
今回も弊事務所にて設計・監理を担当させていただきました。が、完全会員制ということで、各媒体への露出も無く、今後皆様のお目に触れることがほぼ無くなってしまうと予想されます。オーナーのご好意により、2日間のみの最初で最後の体感チャンスをいただけることとなりましたので、お知らせします。
日時 2007年11月29・30日 PM6:00~8:00
場所 静岡県浜松市中区肴町318-26 ミュゼ肴町ビル5階
場所は、ル・ヴァンと同じビルの5階です。Photo
↓案内はがきのPDFファイルです。
「annnailevan.pdf」をダウンロード


”パープルハート”という赤紫(ワイン色)の木材(自然の色です)を使用し、更に落ち着いた大人の上質なクールモダンを是非体感ください。
皆様のお越しをお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

オープンハウス開催のお知らせ

最新作品のオープンハウス(完成見学会)を開催します。お気軽にお誘い合わせの上、お越しください。先日オープンしたサゴーロイヤルホテルの個湯の間や同じく先日竣工した浜松市舞阪高齢者福祉施設などは、事務所として見学会を催すことは難しいのと、後日見て頂くことが可能であることからこのような催しはしませんが、住宅の場合は、完成したとき以外は、皆さんに見て頂く機会が全くなくなってしまいますので、オープンハウスを催しています。どんな仕事をしているのかを皆さんに知って頂くことを主眼にしていますので、ふらっと来て、ふらっと帰って頂いても、聞きたいことや知りたいことがあれば、お話しをして頂いても・・・という感じですので、あまり深く考えないでお越しください。今回の住宅は、30代のご夫婦と子供さん一人のご家族の住まいです。ご希望からコンクリート打放しのシャープな意匠となっていますが、特筆すべきは、その敷地条件です。南が太平洋まで見渡せるような開放的な高台の上にあります。この敷地条件から発想した装置化された建物の空間を是非体感して頂ければと考えます。真に”建築が出来ること”を体感していただけることと思います。

日時    2007年4月29日・30日 PM1:00~8:00
場所    静岡県浜松市西区雄踏町宇布見600-384
作品名   「空へ・・・」
作品概要 鉄筋コンクリート造 2階建て 専用住宅 
       建築面積85.33㎡ 延べ床面積143.57㎡
場所の地図は、こちらでご覧ください。

当日現地でお待ちしています。
当日はお客様の来場具合により、お話しやお相手が出来ない場合があります。
どうぞご了承ください。
尚、当日特別にお話しがある方は、事前にお知らせください。
HPの調子が悪いためブログでの先行発表とさせて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

豊橋市(愛知県)の建築物

今日は、豊橋市に仕事で行った際に建築物の写真を撮ってきましたので紹介します。豊橋市役所近辺にある少し古い建築物2箇所です。まずはじめは、”豊橋ハリストス正教会”です。Cimg0849 この時期(明治大正時代)の教会建築にしては、華美な装飾が少なく今なお綺麗な状態を保っています。プロポーションもすばらしいですよね。私自身がこの時代の西洋風建築物が非常に好きです。次に”豊橋市公会堂です。Cimg0855 これも迫力すら感じられる建物です。内部もスタンダートに良くできた建物でした。こちらは、細部に関しては少し疑問が残る部分はありますが・・・・・両建物共に豊橋市役所の目の前にありますので、すぐにわかると思います。近くには、公園もありますので、散歩にもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

高齢者福祉施設プロジェクト2

先日概要をここに書いた”高齢者福祉施設プロジェクト”ですが、ここまでに数回の行政との打ち合わせを終え、プランを固めつつあります。この段階でのプラン決定と概算予算の関係は、とても重要です。特に公共建築物は、予算との兼合いが非常に重要になってきます。公共建築物の場合は、民間との大きな違いは、設計事務所が設計書を作成することです(一部の民間では、同様に作成する場合があります)。設計書とは、わかりやすく言うと見積書の事です。その設計図において、各材料や工事箇所の数量を積算し、単価を入れて全体でいくらかかるのかを算出します。いわゆるこの金額が”工事予定価格”となるわけです(道路公団の問題などで皆さんがよく耳にさせた言葉)。この価格が予算内に収まっていないと設計は、終わりません。工事の入札ができないからです。ですから多くは、一度設計が終わってから、何度と無く図面と設計書の訂正を続けます。なかなか大変な作業なんですよ。ですから今回は、基本設計からですので、今の内に大まかに押えておきたいのです。出来れば良い物を好きなように創りたいというのは、どの建築主も同じです。行政でも同じ事です。当然私も出来るだけのことはしてあげたいと思います。でも限りがありますからね。出来る限り美しい意匠の建物を創りたいと思います。故人の遺言を具現化しながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

茶道

私は、茶道 宗偏流の小習です。まだ入門して1年くらいですが、楽しんで続けています。宗偏流は、あまり馴染みのない方も多いかもしれません。良く聞くのは、裏千家、表千家ですかね。宗偏流は、それらと並ぶ5大流派のひとつです。千利休の流れを汲むわび茶の流派です。茶のこころには、たいせつな2つのものがあり、ひとつは、美の鑑賞、もうひとつは、奉仕のこころです。仕事にもはたまた人生のすべてにまで影響を及ぼす教えです。1週間に1日(2時間くらい)のお稽古では、あまりに短いと思えるほど、奥が深く、素晴らしい世界です。手前は、もちろんのこと、お花・お香・焼き物などの器類・軸等々知らないこと、覚えることでいっぱいです。こんなところにも私が日本的な物をモチーフやベースとしてデザインする機会が多い一端かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

高齢者福祉施設プロジェクト1

先日役所の指名入札で小さな高齢者福祉施設の設計を受注しました。
S造2階建て延べ面積180㎡程度の地域に根ざした建物の設計です。
受注後、このプロジェクトの経緯を説明されて、感動しました。
この土地(約70坪)と建物(木造2階建て 取り壊し予定)・現金(約5000万円)を一人の方が寄付したのです。その方は、奥様に先立たれ子供がいなかったために、お世話になったこの土地の方々の役に立てて欲しいと自身が所有していた財産のすべてを寄付したのです。(一部隣地に接する土地の約30坪分は、隣の方にお世話になったということで、隣の方に贈与していました。)
今の時代にそんなことが出来る人は、なかなか居ませんよね。
(周りが黙っていないということもありますけどね・・・)
この話を聞いてよりこの仕事にやる気が出ました。それに伴い責任の大きさを実感します。こんな素敵な話に微力ながら、私が加わることが出来、とてもうれしく誇りに思います。
これからこのプロジェクトの進行を随時お知らせしていきます。お楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)